医療脱毛で“全身”を希望?その前に知って欲しい脱毛の基本

医療脱毛の“全身”でカウンセリングの重要性が言われる理由は?

医療脱毛で“全身”を希望?その前に知って欲しい脱毛の基本のメイン画像

医療脱毛の医師と利用者が向き合えるのはカウンセリングのとき。全身脱毛にはそれなりの負荷がかかるので事前に疑問や不安をぶつけて解消させて。

医療脱毛の“全身”でカウンセリングの重要性が言われる理由は?

医療脱毛の医師と利用者(患者)がじっくり向き合って意見を交わせるのは、カウンセリングのときだけです。

全身脱毛にはそれなりの負荷があるので注意しましょう。

◎医師からの主な伝達や注意・アドバイス。

医療脱毛の専門クリニックでは、初めて訪れた利用者に、要望だけを聞いてそのまま施術に入るようなことはしません。

全身を医療脱毛する場合はとくに慎重になります。

その理由は、①部分とは違って、普通で2年はかかる長期であること。

②部分と違って途中でやめるのがむずかしいこと。

③部分にくらべて経済的とはいえ、それなりの費用負担になることです。

◎医師でなければわからない脱毛中の不自由。

さらに言えば、本人にかかる精神的・肉体的な負担です。

アレルギー体質や敏感肌などの皮質は初診で判断がつきますが、本人が2年間にわたってそれなりの制約を受けることは、知っておいてもらう必要があります。

たとえば脱毛の期間中は、海山など紫外線の激しい場所には行けないこと。

脱毛によって接客業や営業活動に不自由を強いられる可能性があることなどです。

◎カウンセリング時は、利用者として遠慮があってはいけません。

どんなことでも聞いて、その場で不安を解消しておきましょう。

カウンセリングは医療脱毛の医師から一方的に話を聞くだけではなく、むしろ利用者の疑問や不安を解消することに重点が置かれています。

医師の説明に納得いかなかったら繰り返して聞き直し、自分に悩み事や不安があれば残さず問いかけてください。

カウンセリングが終わってしまうと、後は淡々とすすんでしまうだけです。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS